周期スイープを用いた周波数特性の測定について


WaveGene(以下WG)、および姉妹ソフトWaveSpectra(以下WS)を組み合わせて周波数特性を測定する方法を示します。

WG+WSで周波数特性を測定する方法には次のような方法があります。
(1)WGのユーザー波形で周期スイープを用いる方法。
(2)直接WGのスイープ信号を用いる方法。(WSのピークホールド機能を用いる方法)

普通は、簡単に短時間(多くて数秒)で正確な周波数特性が得られるので、以下に示す(1)の方法をお勧めします。

この方法は、サウンドデバイス自体のループ接続時の特性、サウンドデバイスに接続したアンプ等の外部回路、あるいはアンプ/マイク経由でスピーカーの簡易測定等、ほとんどの場合に用いることができます。(リアルタイムに直接応答が得られる場合)

(1)が使えない場合、たとえば録音機の録音/再生特性など、リアルタイムに応答が帰らない場合には、(2)の一般的なスイープ信号+WSのピークホールド機能による方法を用いることになります。

(2)の場合の注意点などは、WS側の説明 "WaveSpectraを用いた周波数特性の測定について" を参照してください。


1. WGによる周期スイープの発生

2. WS側の設定

3. 周波数特性の測定

4. 注意点、その他