WaveDAT 動作画面イメージ

画像の無断使用はお断りします。


起動画面


サウンドデバイスへ再生中。
(もちろんサウンドデバイスから直接録音することもできます)


リアルタイムに現在のテープ位置を表示するポジションバー
(バーや、PNo をダブルクリックすることで、任意の ABS Time や ID へのダイレクトサーチができます)


ポジションバーを右クリックして表示される IDリスト。



同じく仮想IDモードで表示される仮想IDリスト。

仮想IDとは、テープ上に記録された実際のIDとは全く別の、テープ上に一切書き込むこと無しに自由な場所に配置、消去、移動でき、実際のIDと全く同じ動作をさせることができる仮想的なIDのことです。
これにより、ユーザーの自由なテープ走行のコントロール、Waveファイルへの読み出しの際のファイル分割のための編集等ができるようになります。 IDのリナンバーやシフトリナンバーに相当することも簡単に行えます。


Waveファイル、イメージファイルへデータを読み出して保存できます。
(ドライブが2台ある場合は、もう1台のドライブへ録音/イメージで複製ができます)



2台のドライブで 「もう1台のDATへ録音」中


Waveファイル、イメージファイルから任意の設定で録音することができます。


「設定」ボタンで、再生/録音、表示などの条件をリアルタイムに変更することが出来ます。



Back