DDSドライブによるDAT再生/録音用ソフト

WaveDAT


 この WaveDAT は、オーディオ対応DDS(Digital Data Storage)ドライブで音楽用DATテープの再生/録音を行うためのソフトです。
 最近はハードディスクレコーディングにとって代わられて来つつも、数々の長所があり、一部ではまだまだ愛用されているDATですが、デッキの数も減ってきている現状で、DDSドライブを一般のDATデッキの代わりに、ということを目指してこのソフトを作成しました。
 海外製の同様のソフトはあるのですが完全に満足できるものではなかったので、実験から含めると約2年かけて(ファームウェアのバグの多さのために途中で何度も投げ出しそうになりつつ?)このソフトを開発してきました。(2005/01/03 V1.00公開)
 しかし、一部のオーディオ対応DDSドライブしか使えませんし、ドライブのファームウェアの制限で一般のデッキの持っている全ての機能が使えるわけでもありませんが、逆にPCならではの便利な機能も搭載されています。

動作画面イメージ


[できること]

  1. サウンドデバイスへの再生、サウンドデバイスからの直接録音。
    フォーマットは、32k、44.1k、48k /16bit (標準フォーマット)
    32k LPモード(1/2倍速記録)
    および拡張フォーマット(2倍速記録)
    [1] 88.2k、96k /16bit (Pioneer HS モード互換)
    [2] 44.1k、48k /24bit (TASCAM DA-45HR 互換)
    (ドライバは、MME、DirectSound、ASIO対応)
  2. 最大2倍速での再生Waveファイルの作成、およびイメージファイルの作成
    (サウンドデバイスへ音を出さない設定の場合は、標準フォーマットなら実時間の1/2でファイル化できます)
    イメージファイルとは音声データだけでなくIDや時間コードなど、全てのサブコードも含めてファイル化するものです。 これを別のテープに書き込むと、サブコードも含めて元と同じテープとなります。
  3. 同じく最大2倍速での録音Waveファイル、およびイメージファイルの書き込み
    (サウンドデバイスへ音を出さない設定の場合は、標準フォーマットなら実時間の1/2で書き込みできます)
  4. 指定した PNo や ABS Time への通常のサーチ(移動)の他、現在のテープ位置が ABS Time のバーグラフ(ポジションバー)でリアルタイムに表示され、任意の位置のダブルクリックで、そこへの移動が可能。(ダイレクトサーチ)
    同じく、通過した ID もその PNo がバー上に表示され、ダブルクリックでそこへの移動が可能。
  5. 録音時の ID (START、SKIP、END) の書き込み。
    および停止時のID書き込み、消去。(停止時の書き込み、消去は制限あり)
    録音時のレベルによる Auto ID 機能、Mute機能。
  6. Auto ID の機能で記録された、実際の音の出始めから遅れて記録された ID によってWaveファイルの作成(分割)を行っても、先頭や末尾の途切れが起こらないようにする ID先読み機能。
  7. テープ上に記録された ID とは全く別に、実際にはテープ上には記録されないが自由に書き込み/消去/移動が可能で実際の ID と同じ役割をさせることができる 仮想ID機能
    (START ID と SKIP ID を自由に配置して、自由な再生/Waveファイルの作成等が可能)
  8. 2種類のエラーカウンタ表示。 (読み取りエラー、ABS Timeエラー)
  9. 再生/録音時のWave波形表示、リサジュー(X-Y)表示
  10. 高精度のディエンファシスフィルタ。(DE.EXE デフォルト設定と同じ)
  11. デート機能。 (テープに記録されている日付/時刻の表示、および録音時の日付/時刻の書き込み)
  12. 2台までのDDSドライブを、それぞれ同時に独立して制御可能。
  13. 2台DDSドライブがあるときは、お互いに録音(編集)、複製(イメージにて)が可能。
  14. 種々の設定がリアルタイムに変更可能。

[できないこと]

  1. ファームウェアの仕様のため、サーチ(REW、FF含む)は途中停止ができない。
    (この不便さを補うために、上のダイレクトサーチ機能がある)
  2. ファームウェアの仕様のため、ABS Time の記録されていない部分へのサーチはできない。
    同じく、ABS Time の記録されていない場所から録音をスタートすることはできない。
    (正常な動作のためには、基本的には ABS Time の記録が必須。 未使用テープには最初に Lead-in 領域の書き込みが必要)
    ただし、ABS Timeの記録されていない部分でも再生することは可能。
  3. ファームウェアの仕様のため、停止時のID書き込み、消去は、最後の部分の繋ぎ目でノイズが出る可能性がある、というより、ほとんど場合ノイズが記録されてしまう。そして、このノイズは回復不可能。
    (一般のデッキと違って、サブコードのみの書き換えができないために、一旦データとサブコードを一緒に読み取って、サブコードのみ変更後、再びデータと共に書き戻すため、トラッキングの僅かな誤差で最後の位置がずれることがあるため。
    このために、上の 仮想ID機能 がある)

動作環境

Windows95/98/Me/2000/XP Vista (SP1以降) / Windows 7 (32bit)
SCSI カード

動作確認機種
[PCI] Adaptec AHA-2940U、AHA-2940J、AHA-29160N
RATOC REX-PCI30

その他、PCIバスマスタタイプならほとんどが多分使用可能だと思われる。
AHA-2940U、AHA-2940UJ、AHA-2940AU
(以上 Vistaドライバ AIC78xx and AIC78U2
32-bit Driver v6.0.5456)

REX-PCI30
(Vista / 7 ドライバ。
なおXP/2000用ドライバで一応動作。
ただし保証は無いので自己責任で)
[CardBus] ノートPCでは CardBusタイプ。 ←PIOタイプも使えないわけではないがCPU使用率が高いので音飛び等の可能性があるため推奨できない。
(ファイル化のみなら大丈夫かも?)

RATOC REX-CB31
IO-DATA CBSC2
REX-CB31
(Vista / 7 ドライバ)

CBSC2
(XP/2000用ドライバで一応動作。
ただし保証は無いので自己責任で)
[USB変換アダプタ]

※1
お勧めはしませんが、USB-SCSI変換アダプタ等でも一部動作可能。

RATOC U2SCX
(USB2では2倍速動作可能。
ただし、ドライブ2台でサウンドデバイスに出力しながらの2倍速では音飛びするようである。
この場合も音を出さなければ2倍速可)

Logitec LUB-SC2
(ただし標準速のみで2倍速は動作しない。←USB2でも)

USB-SCSI変換アダプタを用いる場合は、ドライブからターミネーターパワーを供給するようにドラ イブのジャンパやディップスイッチを設定してください。
U2SCX、U2SCXV
(Vista / 7 ドライバ。
コンフィギュレーションユーティリティのみ
のインスト−ルでOK)

LUB-SC2
(XP/2000用ドライバで一応動作。
ただし保証は無いので自己責任で)
その他 ※2 ASPIのインストールが必要 OS自身のSPTIを使用

使用可能なDDSドライブ


MME、DirectSound、ASIO ドライバ対応。
  (ASIOに対応しているため、対応サウンドカードでは正確な入出力が可能です)

[ASIO Interface Technology by Steinberg Media Technologies GmbH]


V1.23 ← 2010/01/31 Updated

(V1.22 からの変更点)


※ このソフトはシェアウェアです

未登録の試用中 (Demo mode) は一回の再生/録音ボタンの動作がそれぞれ 約5分間 に制限されています。
試用期間その他の制限はありませんので、ご自分の環境で動作するか充分に試用して頂いた上で、もし気に入って頂けた場合には送金、登録をお願いいたします。
本ソフトの性質上、登録前に充分なご試用をお願いいたします。
(一旦送金、登録頂いた後では、送金代行システム上からも、登録取消し、返金はできませんので、充分な試用にてご納得の上で登録して頂きます様、宜しくお願い致します)

なお、シェアウェアの場合の送金は市販パッケージソフトの購入とは多少違い、作者に対する開発費等のカンパの意味があることをご理解下さい。
また、ソフトウェアは使用を許諾されるものであり、それ自体は販売されるものではありません。
登録とはソフトウェアの使用権を購入することです。

一度登録して頂ければ、今後のバージョンアップでも継続してご使用頂けます。
(まず無いとは思いますが、非常に大規模なバージョンアップがあった場合にはこの条件を変更することがあるかもしれません)

登録者ご本人が使用する限りにおいては、複数のコンピューターにインストールして使用することができます。

※送金、登録方法

  1. Vector シェアレジ による送金
    http://www.vector.co.jp/
    シェアレジ作品番号は、SR048663 です。
    購入ページは、
    http://shop.vector.co.jp/service/servlet/NCart.Add?ITEM_NO=SR048663

    価格は、3,780円(3,500円 + 消費税5% + 手数料105円) です。

  2. PayPal による送金
    https://www.paypal.com/j1/
    まず宛てに、PayPalにて送金するという内容のメール(できれば PayPal アカウントで使用しているアドレスから)を送ってください。
    ※ただし、HTMLメール、添付ファイル付きメールは自動削除され受け取れませんのでご注意下さい)

    メールのタイトルは "WaveDATのPayPal送金"
    そして、本文中に必ずローマ字によるお名前の読み(例: T.Yamada) を書いておいて下さい。
    (ライセンスキーには登録名が含まれるためです)

    このメールに対して送金方法を記載したメールを返信しますので、それに従って送金してください。
    事前の相互連絡はライセンスを確実にお届けするためですので、宜しくお願い致します。

    価格は、3,665円(3,500円 + 手数料165円) です。


送金後、メールで通知される登録用ライセンスキーを用いて、設定ダイアログの「登録」タブで登録を行ってください。
詳細はヘルプファイルを参照してください。

  Version 1.23   (2010.01.31)
WD123.ZIP をダウンロード (1,292,694 bytes)   <-- 2014/08/01 URL/メールアドレス変更のためヘルプファイル書き換え

●ヘルプファイル WD.CHM が表示されない場合の対処方法はこちらを参照してください。


Home