エラー表示回路の製作(CDP編)

 

回路図

エラー表示回路 回路図

 部品表
IC 74HC139 x1
抵抗 (1/4W) 10kΩ x3、20kΩ x2
抵抗アレー (8個入りシングル) 470Ω x1  (390〜680Ω)
キャパシタ ケミコン 10μF/16V x1、47μF/10V x1
(ケミコンの耐圧は 6V以上ならよい)
スイッチングダイオード 1S1588相当品 x3
小信号用トランジスタ 2SC1815相当品 x1
LED 出来るだけ高輝度の物 x6
 (基板上に直接並べて取り付ける時は約2.5mm幅の物)

さらに電源とGND間に積層セラミック 0.1μF を追加接続しておくほうが良いでしょう。

サウンドカード等でモニターしたり記録したりする必要の無い場合は、
 右側のブロック(D1〜D3やTR1等)は製作する必要はありません。

MUTE機能を働かせないようにする時は、GNDに接続しておいてください。


解説

CX23035 のエラーモニター出力 C1F1,C1F2,C2F1,C2F2 をデコードするだけです。

C1F1 C1F2 エラー 点灯LED
0 0 C1 エラーなし ---
0 1 C1 1 エラー訂正 LED1
1 0 C1 2 エラー訂正 LED2
1 1 C1 訂正不能 LED3

C2F1 C2F2 エラー 点灯LED
0 0 C2 エラーなし ---
0 1 C2 1 エラー訂正 LED4
1 0 C2 2 エラー訂正 LED5
1 1 C2 訂正不能 LED6

タイミングチャート (実測値)

CX23035(CDX1125Q)のピン接続はつぎの通りです。
 C1F1: 62
 C1F2: 63
 C2F1: 64
 C2F2: 65
 (PLCK: 70)


基板パターン

実際にはユニバーサル基板に組立てますが、配線の確認も兼ねて SC-88 Pro の時と同じCAD (EE Designer III) で基板を作りました。

シルク面
 シルク
 この基板データです。

 CDER2ED3.LZH (8KB)
 EE Designer III に読込んで使えます。

 
部品面
 部品面 (配線)
ハンダ面
 ハンダ面 (電源、GND)


ユニバーサル基板に配線する時のため、裏から見たのと同じになるように、上下反転したパターンを示します。

部品面配線図
 上下反転 部品面 (配線用)
ハンダ面配線図
 上下反転 ハンダ面 (配線用)


配線

ユニバーサル基板に配線して組立てます。
配置や配線を考えるのが面倒だと言う場合は、以下の写真のとおりに組立ててください。
(実際に作って動作している基板ですので(^^;;)
まずは、穴位置を参考にして部品を仮止めします。

基板表
 表側

基板裏
 裏側 (上下反転)

裏側は、先にスズメッキ線(抵抗等の部品の切り取ったリード線の流用でも可) とハンダブリッジで、上の基板パターンのハンダ面(配線用) を参考にして配線します。 (電源、GND)

次に、基板パターンの部品面(配線用) を参考にして適当な配線材で配線します。
配線材はラッピングワイヤ等の細い単線が扱いやすいでしょう。

配線を終了したら、必ず配線忘れや間違いが無いかを充分に確認して下さい。


信号の引き出し


各信号は、以下の箇所から引き出します。

(1) CDP-502ESの場合

CDP-502ES 内部

信号引出し図1
 (1) 電源 (+5V)
信号引出し図2
 (2) GND はバーへ接続
信号引出し図3
 (3) 上から C1F1、C1F2、C2F1、C2F2
信号引出し図4
 (4) MUTE

(5) はPLL回路(ジッタ検出回路の製作の方を参照)


(2) CDP-553ESDの場合


CDP-553ESD 内部

信号引出し図1
 (1) +5V(左側のジャンパ線)、
  GND(バー、又はすぐ下のジャンパ線)
信号引出し図2
 (同じく 1) C1F1、C1F2、C2F1、C2F2
 
信号引出し図3
 (2) MUTE

(3) はPLL回路(ジッタ検出回路の製作の方を参照)


動作確認

配線間違いが無いか充分確認後、電源を入れてください。
(チェック時は、追加基板がショートしないよう、絶縁に充分注意して下さい)

電源を入れた時点では、ミュートが働いているのでLEDは点灯しません。

メディアを挿入して普通に再生させてみてください。
極普通の状態のメディアなら、LED1 が点滅する程度のはずです。
(点灯時間が短いので、かなり暗いですが、それで正常です)

キズ等があれば、もっと右のLEDまで点灯します。
(反射面にわざとクサビ状のテープ等を張ったテスト用メディアでチェックすることで
 確認することができます)


Back